子どもの内面のを失ってしまいますボス君は

伸びていきます

子どもには「遊んでもらえないこともあるよね。でも、気にしないで何回か声をかけていれば、るよ」と言ってあげましょう。また、最初は1、2人と仲よくなれればいいと考えて。その子たちと遊ぶうちに、いろいろなつながりから友だちの輪が広がっていくので、あまり心配はいりません。きっと遊べるようにないい子すぎるのは本人のストレスにならない?母親が弟と妹の世話に追われているのを見ているせいか、わがままを言うこともなく、いるのではないかとちょっぴり気になります。

幼児たちの運動能力が低いのは

自分のことはなんでも一人でして、親の手伝いまでしてくれるとてもいい子です。でもそのぶん感情を抑えていて、ストレスをため込んで(7才·女の子)親の期待にこたえたい気持ちが強いのかも。本当にやりたいことを優先させてあげてうちの大学で保育士や幼稚園、小学校の先生を目指す生徒のなかには、子どものころから手がかからず、優等生だったという子がたくさんいます。小さいころからしっかりしているので、親や周囲から先生に向いていると言われ、その期待にこたえようと思って、先生を目指すのです。でも、大学で勉強をしていたり実際に先生になってみると、「自分は向いていたのかどうか」と考えたり、自分が本当にやりたいことはなんだったのかわからなくなったりして、悩むようになる教え子も少なくありません。

 

子どもからの攻撃に応じて

これらも立派な子どもたちの成長なのですが、もったいないことに、見過ごされてしまいがちな成長でもぁります。どんな小さなことでも「やってよかった。がんばってよかった」と思えたらひとりでに次のステージを目指すはずです。大切なのは子どもの成長を見逃さず、思いっ切りほめてあげることです。そのことで小さな成長が次の成長への大きなパワーになります「子どもの成長に気づき、ほめてあげる」、これは親のとても大切な役割の一つです。
育児における私の体験私の

児童が持っています

どんどん調子に乗せる「この子はほめたらすぐ調子に乗るから」とほめることを躊躇するお母さんがいます。そんな時、ぼくは「どんどん調子に乗らせてください」と言います。調子に乗ってるというのは気持ちいい状態ですから、何をしても楽しいでしょう。もっともっと調子に乗らせてあげたら、勉強も手伝いも機嫌よくやってくれるはずです。もし「オレ、デキるし」と調子に乗って失敗しても、子に乗らせてやってください。それが次の成長につながります。

子どもが形式的な絵を描くことを排除して絵を描くことの楽しさを味わわせ

物事に集中する働きが未熟で、いつもソワソワ、キョロキョロして、落ち着かなぃタイプの子がたくさんいます。私がある保育園で調べたところ、5才児では男子の半分以上、の3割以上の子の脳がこのタイプでした。これを改善するには、散歩や軽い運動が有効です。リラックスして親子で楽しく話しながら、毎日20分ほど歩いてみましょう。脳の働きが整ってきて、子どもも落ち着いてきます。

子どもよりも大きな声を出して周りをさらにびっくりさせるのいずれかでしょう時間があるときは1でもいいですけど

小学生になっても、低学年のうちは集中力が続くのは15分程度。集中力をつけるには、宿題をするときに「何分ぐらいで終わらせられる?」と子どもに聞いて決めさせ、その時間内に終わったら、大げさなくらいほめてあげます。できなくてもしからず、「終わらなかったのは、どうしてだと思う?」と自分で考えさせてください。子どもが自分なりの分析結果を話したら、「そうだね。じゃあ、次はそこに気をつけてやってみよう」とはげまします。