Skip to content

幼児をよく

幼児を寝かしっ前章でも書きましたがとくに脳

それを何度も繰り返すうちに、新しい猫は私がいてもベッドの下から顔を出すようになりました。そして翌日には、三ヶ月の猫は新しい猫の前で、私と遊ぶのを見せているかのように、私と少し遊んでは新しい猫の所へ行き、また私の所に来て遊んで新しい猫の所に行くのです。すると新しい猫は、その日の晩には私の前でも平気で餌を食べるようになり、その時に少しだけ触りました。三ヶ月の猫が、私に撫でられて気持ち良さそうにしているのを見ていた為か、新しい猫は少しだけ触ると、自分から頭をこすり付けて来ました。慣れるのには時間がかかると言われた猫を、二日で懐かせるのに成功したのです。

幼児が何人試合は白熱しましたし
私の家の横に生後半年程度の)苗が住み着いた時の事です。全く人に慣れていませんでした。近所の猫好きの人が、何人も餌を与えながら慣れさせようと試みましたが、触れる事はおろか3M以内に近付く事もできません。そこで私の家のガラスのドアの前に餌を置き、その猫が来るのを待ってから、人工飼育で育てた猫と私が遊ぶのを見せました。初日は、それでおしまい。翌日は私が猫と遊ぶのを見せてからドア開けて外に出てみました。すると、一旦は逃げ出したのですが、お腹がすいていたのか、私が外にいても恐る恐る餌を食べに戻って来ました。

 

子どもたちの中には

そして、女性蔑視の差別が、世の中を悪くしているという理由にも、らに、母性は神に近いということを、女性自身が自覚するべきです。なぜ、夫婦仲のよさが育児に大切か?父親が一緒に来院すると子どもの病気が治りやすい私は長年、小児外来で、るようになりました。両親とその子どもを診てきたのですが、そこで一つの、間違いのない事実を確信すそれは、生き生きとして楽しそうな、こころのしっかりとした子どもは、仲のよい夫婦のもとで育つ、ということです。もっとも、”抱きぐせをつけるな”という考え方に毒されなかった夫婦の子どもに限られますが。私は子どもの病気を治療するのに先立って、必ず母親にこう言うのです。
育てたかったら
幼児の生活リズム向上プロジェクト全国的な普及啓発活動や先進的な実践活動などの調査や研究を行っています東京都
「御主人も一緒に病院へ来て、お子さんの病状や治療予定の説明を、私から直接受けるようにしてください御主人が仕事を休んででも、そうしてください。そうすると、なぜかはわかりませんが、子どもの病気が治りやすいという不思議なことがあるからです。子どもが治ることと仕事と、どちらが大切か考えるように御主人に話してください」と。この言い方は、父親に病院へ来ていただくための、てっとり早い効果的な方便です。なぜ父親を呼び出して診療をしているのかと言いますと、それは、子どもの病気をきっかけにして、夫婦仲が悪くなったり離婚をしたりして、子どもがぐれてしまうという不幸を、幾例も見てきたからです。

 

幼児の精いっぱいの表現を

「いざとなったら、もっと合ったところに転園できるわ」というくらい自由な心でいるほうが、幸せに過ごせます。療育のために、専門家のアドバイスを受ける場合、冷淡に聞こえることを医学的な言葉で伝えられることがあるかもしれません。そんなときは、その場で感情を爆発させるのではなく家族や身近な人、もしくはカウンセラーなどを頼ってください。わかりやすくいえばあなたの「心のよりどころとなる人」「心のよりどころではない人」を、しっかり区別しておくことです。お子さんは、お母さんを一番の「心のよりどころ」としています。

子どもがふぇそれと同じくらいあなたにも揺るぎない「心のよりどころが必要です。r専門家の話」や「先輩ママの体験談」に触れましょう現役のママ友さんとのおつきあいは、楽しいものです。また、個性的なお子さんを育て上げたお母さんや、専門家の話を聞くことも大きな励みになります。あるADHDの男の子のお母さんがこう明かしてくれたことがあります。お子さんは、多動性が非常に強いといいます。「うちの子は常に動いています。