Skip to content

幼児を溺愛しているのですですから

教育はこの三つ子の魂と知能の基礎をつくり上げる大切なものであるこのごろ大学を出る女性が多くなった

日本人が自分の箸を使うのは、箸を指先以上の働きをする身体の一部として考えることからではないでしょうか。箸は食べ物を口まで運ぶもの、魂をつなぐものです。まずは親が正しく持ち、扱うことができる事が必須です。《箸の持ち方の基本》手の力を抜いてリラックスするエンピツを持つように上の箸だけを1本持ち、数字の1を書くつもりで上下に動かすもう一本の箸(下の箸)を中指と薬指の間に入れ、親指と人差し指の付け根で支える中指の爪の付け根に上の箸の下の部分が来ているか。箸を持つ位置は上から111分の1位の部分か。しっかり付いているか。

教育たくなる気持ちを
下定《箸の動かし方の基本》基本の持ち方から、親指を支点として、上の箸だけを上下に動かす。きつく押さえず人差し指で軽く箸を押さえるように、人差し指を曲げる。とで中指も曲がり箸先は下がる。中指を上に伸ばすことで、箸先が上がる。これを繰り返す上の箸を親指·人差指·中指の三本で動かして食べ物をはさんだりつまんだりします箸先の上がった時(広がった時)、中指の爪の付け根は上の箸についている初めは上手にできなくても、根気よく繰り返すことで必ず上達します。正しい箸使いには、使う人の手の大きさに合った箸を使うことがポイントです。

 

われわれの税金でやっている学校しつけだ

小さい頃から自分の考えを言わせる自立するには自分の考えをもち、それを実行していく力が必要です。それは生まれながらに身についているものではありません。大人になるまでに段階を踏みながら少しずつ身につけていくものです。そこで親が上手に導いてあげることが大事になってきます。小さい頃から自分の考えを言わせるようにする。自分で判断させる。
幼児と対等にやりあっちゃうことはあるでしょうもう
自発性の発達の遅れてしまっている幼児は
時間がかかるし、忙しい時などは面倒くさいと思いますが、できるだけ意識して「あなたはどうしたい?」「どうすればいいと思う?」と聞いてあげることです。しかし実際は、親のやってほしいことに誘導しがちですよね。子どもも敏感ですから、親の気持ちを察知して親が望むように動きます。でもそのまま大人になると、自分が何をしたいのかわからない、どうすればいいのかわからないということになりますそうならないために、今からでも遅くはありません。子どもの気持ちをよく聞いて、子どもがどうしたいのか、そのために何をすればいいのか、あくまで子ども主体で一緒に考えてあげてください。

 

しつけが流行したのは

意味のあるものが価値をつくり、その価値の組織の上にその社会の文化が発達する。くりかえしを離れて人間文化はあり得ない、と言ってよい。赤ん坊が言葉を覚えるのは、慣用づくりの初の経験として、とくに注目する必要がある。どんなに頭のい赤ちゃんでも、生れたばかりのときに、一度きいただけの言葉を覚えることはできない。何度も何度もくりかえしているうちに、やがて、あるいは、突然のように、言葉がわかるようになる大人はくりかえしを退屈だと思うことが多い同じことを何度も言うと、うるさいと感じる。

育ててくださ第二になるべく、あっさり、しようということになるわけだが、このやり方をこどもにあてはめては、こどもが迷惑する。こどもは大人のように、くりかえしをうるさいと思っていない。そればかりか、むしろ、同じことを何度も聞くことに喜びを示す。おとぎ話をねだるこどものしつこさは、しばしば大人をへきえきさせる。くりかえしきいているうちに、慣用による理解が生れるわけだから、大人が自分であきたからといって、くりかえしを止めるのはよろしくない。これは言葉だけの問題ではない。