Skip to content

育てようとしているのに似ている

しつけても意味がない

子:人間のカラダってよく出来ているね!中に入ってきてもおかしくないでしょ?歯が抜けるの?子:お父さん、歯がグラグラになってきたよ!歯医者さん行かなきゃ!父:それは、歯がもう少しで抜けるからだよ。子:えっ、僕の歯、抜けちやうの!父:でも、病気じゃないよ。子供の歯が、大人の歯に生え替わっているんだよ。子:今の僕の歯のままでいいのに、なんで生え替わるの?父:その理由は、大人のアゴと子供のアゴの大きさが違うからなんだ。お父さんのあごと比べてみよう。ずいぶん大きさが違うでしょ。だんだん·アゴが大きくなるけど、歯は大きくならないんだ。

幼児の中に
き間ができてスカスカになっちやうよね。子:それじゃあ、ご飯がうまく食べられなくて大変だもんね。父:だから、アゴがある程度、大きくなると、小さな歯はいらないや、って抜けて、新しい大きな歯が生えてくるんだよ。子:人間のカラダって不思議だね。父:でも、抜けて生えてきた歯はもう生えてくることがないんだ。

 

子どもは悪い言葉を使います

しかし、社会性が備わっている相手に、悩みやコンプレックスを打ち明ければ、必ず相手も自分の持っている悩みやコンプレックスを打ち明けてくれます。すると「悩みやコンプレックスを抱いているのは自分一人ではない」と言う事を始めて知り、不幸感や孤独感は和らいで行き、そうした相手が増えて行けば「みんな同じなんだ」と言う感覚が生不幸感や孤独感から開放されるのです。お互いに悩みを打ち明け合えば絆が深まり、お互いに何でも喋れる間柄にも発展出来るのです。「コミットメント」「ホールドアップ」なのです。では、悩みを打ち明けられない子供は何故悩みを打ち明けられないのでしょう?その理由が「人を信じられない」と言う事なのです。
育てた場合です
教育ママであるこの本当の
それは愛着が育っていないか、愛着を広められないと言う事です。つまり原因は親に有るのです。親に社会性が備わっていなければ、当然子供にも社会性は備わりません。社会性が備わっていない親の特徴は、当然の事ながら「他人を信じるな」「騙されるな」など、人に疑いを向けるような言動が多く見られます。そして何より、子供にすら弱さを見せようとはせず、完璧な親を演じている人も目に留まります。そうした傾向はエリート系や母子家庭に比較的多く見受けられます。

 

しつけは学校でやるもの

それでいいと思うのですが、基本的な叱るラインや範囲はある程度明確にしてほしいです。「ここまでは許すし、叱ることはないけど、これより先はダメ」というメッセージを子育ての中に、置いておくことが大切です。「叱るライン」は子どもにとっても、ある程度わかっているほうがいらない地雷を踏まなくなると思います。そこのラインが明確でルール化されていると、お母さんもその範囲の中で叱る:とがで夫婦間で、ここまではいいけどここからは叱る、というように範囲を明確にしておけば、お互いのしつけや教育方針の齟齬で、もめたりすることはなくなると思います。息子を見ていると、とめどなく「いらないことや悪いこと」をするイメージや感覚に襲われます。

しつけはおまけわんぱく坊主ややんちゃ坊主が叱られすぎてせっかくの才能をつぶされしかし決してそんなことはありません。男の子たちは男の子たちで一生懸命頑張っています。ただその一生懸命さが、あまりうまく周りの人に伝わらないことが多いだけです。究極の方法。「見ない」◆隣室からいやな音がしても見に行かないここで、叱らなくてすむ究極の方法をお教えしましょう!とても簡単です。「見ない」ことです。単純でしょう。息子のあれやこれやが見えてしまうから、あるいは安易に予想できるから、叱ってしまうのです。