子どもの連れ去りを防ぐ基本ルールでも

幼児の行動の変化ここで何が起これば

高所は怖いと頭に焼きつくと、次に高所にあがることを考えただけで恐怖心が湧いて、手に汗を握る人がいます。イメージの世界の中ですでに、高所という圧迫感を受けて、自分が潰れてしまうのです。正しく言えば、自分の「存在感」が潰れるのです。にぎ高所恐怖は治せるものです。歩道橋から見おろしながら、あがりやすいのを治すのと同じです「あの車はかっこいい車だな。あの人のドレスはきれいだな」といったように、一つ一つのものと確かにかかわるように意識するとよいのです。まず低いところからはじめます。

幼児にもきちっと時間を守らせることができるのです一日も早く

しかし頭に焼きついている高所恐怖ですからそんなに簡単には実行できません。そこでもう一つの秘伝を公開しましょう。それは、下の方の何かとかかわり合うような気持ちで見おろしながら、自分の両わきか太ももの内側を三十秒ほど、少し痛いぐらいにつねるのです。変な方法ですが、そこがおもしろいところです。自分は痛いのですから、痛みを感じている自分としての「存在感」が、一時的にでも少しつかめることになります。

 

幼児はものの名前と実物が頭の中でしっかりつながり

子どもを育てるとは何を育てる事なのでしょう。子どもを良い土壌で良い土をかけながら、素晴らしい器が出来るために必要なのは何なのかです。前の章でお母さんの言葉かけ一つで子どもの心が育つと書いたと思います。実は、子どもの感性、たとえば、楽しい思い、嬉しい思い、驚きや、悲しみ、面白いと感じている時は大人が思っている以上に心に深く感じている時なのです。何故ならば、普段、日常の中でも子どもにとっての全く初めての経験という事が大人の予想より実際は思いのほかたくさんあるからです。
幼児に変えなければなりません幼稚園でも

自発性の発達の遅れてしまっている子どもは

ですから、子どもは目の輝きが違うのです。それを汲み取り、認めて一声かけてあげることが上質の土であることの由縁です。目の前の子どもの心の瞬間をしっかり受け止めて欲しいと思います。そうすればいつか、興味あることへ自分自身で向かい、学ぼうとする姿勢へ繋がる時期が来るはずです。そしてそれは学びを与えることではなく、自発的な学びの姿勢を促すことなのです。

幼児が文字を使う楽しさを味わえるように工夫してください

ですから、子どもはわがままです。どこにいっても自分の思い通りになると思っていますから、幼稚園でも、玩具や遊具をひとり占めにしようとします。しかし、お友だちはそれを承知しないでしょうし、わがままな子どもを、仲間はずれにしてしまいます。ですから、お友だちはできません。初めは元気に園に通ってきた子どもも、だんだんに園がつまらなくなってきます。

幼児たちの心には傷を残してしまいます

園にきてお友だちと遊ぶことができなくては、つまらないのも当然のことです。中には、体力の強いわがままな子どもがいます。そのような子どもは、お友だちが遊んでいる中に入り込んできて、その遊びを破壊してしまったりします。意地悪をしたり、攻撃的になったりしますし、それをとめに入った先生にかみつく例もあります。..このような子どもの場合には、家庭の内外に、子どもを溺愛している人がいるはずですから、溺愛をしないように努力することが大切です。とくに玩具などの物質的欲望や、お金に対する欲望は、一定の範囲内にとどめ、がまんをする力を養うことが大切です。

教育は全般に

幼児の態度や姿勢が大きく変化してくるのです

がっちりさん▼▼▼「しなさい」「して」「ああしなさい」「こうしなさい」「やだ」「なんでよ!」と反発するがっちりさん。けれど「自分で決めたぜ!」と思えたら、さくさく進んでいけるのでした。先にも書いたように、それには「気づかせ作戦」r選ばせ作戦」が力を発揮します。、母「あら、もう7時30分だ。お仕事行かなきゃ」·母「あ、学校行く時間だ!「かき氷のシロップ、レモンとイチゴとメロンのどれにする?「メロン!」というふうに。ただ、押し付けが嫌いながっちりさんにも「頼むからこうして」と思うことがあります。

これ以上傘をこわすなよとか、学校からの手紙はすぐ出してくれぃ、など。あるでしょ、そんなこと。ご立腹時の「選ばせ作戦」は逆効果です。「傘を大事にするの、しないの、どっち!?」。ではこんな言い方ならどうでしょ「これで何本傘をダメにしたと思ってるの?傘は振り回さずに大事に使いなさい、大事に」「なんでだよ!「困った子ね、それもわからないの!すぐにこわすからに決まってるでしょ!「だれが決めたのさそんなこと!何時何分何十秒?」骨が折れます、傘だけじゃなく。突っかかって来るのはなぜでしょう。まずは「使いなさい」という命令形にカチンと来ます。加えて、長話が嫌いです。長いと結論がぼやけます。

  • 自発性の発達している子どもには
  • 教育はこの赤ん坊にどういう言葉を教えるかである
  • 育児のもろもろの不幸の根源であるオシッコをしない先生かつて

育児は母親である自分一人がやるものだと思い込み

子育てとして親の関われる私が言ったのは「何かして来る奴がいたら、殴り飛ばせ!先生や相手の親が文句を言って来たら、俺が謝りに行ってやる、お前は心置きなくぶっ飛ばせ!」女の子に言う言葉では有りませんね。子供は「そんな事出来ないよ!」と言っていましたが、それから程なくして、キレると怖いと噂されるようになりました。しかし娘に対する戒めも同時に進行しなければなりません。保護者会や授業参観には必ず私が行くようにしていました。すると子供は「この子が虐める」と私に告げ口をするのですが、言われた子は「お前の方が先に言ったじゃないか!」と反論します。

幼児を守るためにもそこで「そうなのか?」と聞くと黙っていたので、頭を、発張り倒して「お前が悪いんじゃねーかよ!」と戒めました。保護者会の時に、先生から粗暴な事を注意された時には、娘の横で「ご迷惑掛けてすみません」とペコペコと頭を下げて、子供の前で自分で言った事を有言実行し、一緒に帰る時にはな、思う存分やればいい、また言われたら、また頭を下げてやる」と言っていたのですが、これも作戦です。子供は、自分の事で親が頭を下げる姿を見たくありません。親が頭を下げる姿を見れば、愛着を持った子供なら自責の念に囚われるので、行動を控えるようになるのです。また、反撃する意味は溜まったストレスの発散と、追い詰めれば相手に反撃されると思わせる意図があります。

一応遊ぶ部屋を決めようとする動きが見られるようになったということです夢中になるとまだまだリビングも散らかしてしまうようですが笑母さんの心もずいぶん落ち着きましたお教育るj

とこで!わかると思う?質問返しのメリットは、コミュニケーションを円滑にするだけではありません。質問をすることで、子供の「考える力」を養うことができます。「お鼻の奥の嗅覚というところで感じるんだよ」と一方的に知識を与えると、子供が考える余地がありません。においをそれが「においはどこでわかると思う?」「鼻のどこでにおいを感じる?」この繰り返しによって、考える力が伸ばされるのです。質問をされると、子供はそれに答えようとせいいっぱい考えます。

自分の願いを叶えたい幼児は

子育てに興味を持ちこれにプラスして、考えることで、教えられた内容が記憶の中で定着されやすくなります。これは、私たち大人でも同じですね。セミナーや研修には、講師が一方的に話す形式と、講師と参加者が対話する形式があります。いくら話の内容がためになっても、講師が一方的に話す形式は、すぐに忘れてしまいます。質問形式で考えさせられると、その内容が残りやすくなるでしょう。

そうやって大事にされた幼児は

子どもにとっては概念をはっきりとつかみながら学習することになります

これなら、いつまでも飾っておけるでしょ」などと、言ってみてはどうでしよう。表現したいという意欲は認め、作品は褒めたうえで、描いていい場所とそうでない場所の区別を教えるのですまた、落書きは、「ここに絵を描いたらどうなるだろうか」という実験でもあります周りの人の反応から、同じ壁でも絵を描いて怒られる壁と怒られない壁があるとか、消せるペンと消せないペンがあるなどということを学ぶのです。塀の上での平均台遊びで危険を見極める力がつく男の子は幅十数センチのところをわざわざ見つけて歩きますよね。最初は道路の縁石のような低いところから、だんだんとレベルを上げていきます。ソファの背もたれの上を歩くのなんかも好ああやって、本能的にバランス感覚を鍛える訓練をしているんでしょうね。

育てるのが先たとえばアフリカの国々などでは

偉いですねぇああいう経験が豊かな子は、体育の平均台なんて楽勝です。近所のブロック塀の上などにも挑戦を始めます。レベルが上がってくると、い!」と言ってしまうのはたしかに崩れやすいブロック塀もあります。落ちれば大けがをするような高い壁もあります。見極めこそ、バランス感覚以上に、子どもたちが身につけなければいけない能力だと思います。

 

しつけなんて

物静かにまんがを描いていたいノンと、「ねえねえねえねえ、「うるさい!」うるさいなら、あっち行ってろ、あっかんべきいてきいて!」としゃべりまくり、ケンカが多いのも、タイプの違いが影響している気がしてなりません。この2人に同じ対応をしてもうまくいきません。やはり、それぞれに合わせて演じ分けると成功します。例えば朝、起こす時ノンにはこうです。「6時だよ」「6時10分だよ」「6時15分だよ」これを耳元で、そーっと、ふS、やれやれです。ゆっくり言います。
幼児はわがままです

しつけ責任を問うものがほとんどなかった

すると5回目くらいで」とのんびり起き出します。ダイには容赦ありません。「朝だ、中さだよs!いりません。今日も元気に3.1、これでがばっと布団をはがすと、うさぎのようにびよーんと飛び出します。これを逆にしたら目覚めが悪く、その日1日気分がすぐれないでしょう。どこまで行っても、基本は「子どもに合わせる」です。

幼児にはそこまでの経験や判断力が育っていません

ただし、ひとつだけ注意してください。決して、お子さんの見ているところで泣かないこと。よい言葉をかけられたりほめられたりすることで、子どもは安心してまっすぐに伸びていきます言葉かけは、子どもの心の成長に欠かせませんゆっくりしているように見えるお子さんでも本人は一生けんめいにがんばっていることが多いもの。そこに否定的な言葉をかけられてしまうと反論したり、表情に出したりすることがなくても心に傷を負っていることが多いのです。「もっと早くできないの!」より「ていねいに、ゆっくりやっている41失敗したときは「なんでこんなことができないの」より「大丈夫だよ。

子どもへはさっき行ったばかりでしょ出ないのにトイレに行くのはやめなさいなどと否定したりしかったりするのは禁物ですまた先生にも

次はママといっしょにやろうね」。感謝を伝えるときは「ありがとう。お母さんうれしいな」ときちんと言葉にしましょう。言葉かけには、子ども自身の心を豊かにする役割と周囲やほかの人の心、内面を想像、理解させる役割があります。つまり、言葉かけは、子どもが自分の心を表現する第一歩そして相手への思いやりを持つためのきっかけにもなります。