子どもの頃ずーっとしていたから

育てられたのかな……なんて思います

日本でも、昭和30年代には地域で子供を育てていました。別離不安の解消の時期を人類の進化の過程に置き換えると、家族単位で移動していた狩猟生活から、定住して集落を形成して農耕を始めた時代です。この時期の問題は、別離不安の解消が適切に行なわれなかった場合です。赤ちゃんが泣くと、母親はついつい抱き上げてしまいます。別離不安が始まった当初はそれで良いのですが、別離不安は生後20ヶ月を目処に徐々に解消して行かねばなりません。

それは、24ヶ月前後から自我が芽生えて来るからです。別離不安は自我が芽生えるまでに解消しておく必要があるのです。自我が芽生える前は、単に母親が見えない事に対する不安だった物が、自我が芽生えると「どうして来てくれないの?」等と思い始め「見捨てられた」つまり、自我が芽生えるまでは「別離不安」だった物が、自我が芽生えてしまうと「見捨てられ不安」に変貌してしまうのです。別離不安が解消されずに成長し、見捨てられ不安を抱いてしまうと、将来的にその見捨てられ不安が問題行動へと発展してしまうのです。そうかと言って、別離不安の解消を急ぎ過ぎれば、子供の愛着に影響してしまいます。

  • 幼児としてほめられていた
  • しつけといっても
  • 自発性の発達が遅れている子どもは

幼児たちへの影響

幼児に話してみてほしいですねほめれー天まで登っていきますし、がつんと叱っても、すぐにケロリとしています。つまりは、「こたえない」r残らない」「忘れるのが早い」んです、いいのか悪いのか。ある日サロンに来たちゃっかりタイプの男の子。遊びに夢中になり、おもらしをしました。私が床を拭いていると、お母さんの叱る声が聞こえてきます。

しつけをすることも時には必要です「だから言ったでしょ!出そうになったらトイレだって。何回言ったらわかるの!それを「うん」「うん」と聞いている模様。「ほら、こんな時はなんて言うの?「ごめんなさい」「お母さんにじゃなくて、若松さんに言っておいでするとその子はそばで掃除を眺めたのち、「がんばれ2真顔でぼそっと言いました。言うことを忘れたようです。この後また、お母さんが噴火したのは言うまでもありません。wちゃっかりさんは、こうほめる何を言っても効きます。

幼児に自信を植え付け

その水が今落ちてきたでしょ?これが雨なんだよ。でもおかしいと思わない?お風呂の水が変身する時は目に見えるのに、海の水が変身する時は見えないね。海に行った時、もくもくなんかなかったでしょ?水が変身した時は本当は目に見えないんだけど、飛んでいく途中に冷えると、白くなって正体が見つかってしまうんだね。雨が降る仕組みを言葉だけで説明するのはとても難しいですが、お風呂場を臨時の実験室にすれば、とても分かりやすく教えることができます。お父さんと楽しく実験したことは、子供の中で一生忘れられない思い出となります。

しつけになるのであるすでに再三にわたってのべているが私は

幼児のわがままがチャンスです!いろいろな場を使って、実験をしてみてください。これは新聞の記事で読んだのですが、ある幼稚園の先生が「お父さん、テレビゲームやポータブルゲームのことです。もっと子供と遊んであげてください」とアドバイスすると、「私の子供はゲームがまだできませんから」と答えた人がいたそうです。ここでいうゲームとは子供とゲームをするのもいいかもしれませんが、お父さんとゲームしたことは一生の思い出にはなりません。それに対して、お父さんと実験をしたことは大人になっても忘れられない思い出になります。

育児をどのように捉え

幼児の年齢に合わせて絶対違うでしょと気づけるようなネタでボケればよいのです

しかし、思春期になっていろいろな悩みが生じましたが、その悩みを打ち明ける友人がいませんでした。遂にノイローゼになってしまったのです。思春期以後は、自分で考える力が養われ、精神的に親から離乳していきますが、そのときに頼りになるのは友だちです。そうした友だち作りの能力は、小学生の低学年のころから養われている必要があるのです。ノイローゼになる思春期以後の子どもは、小学生の低学年のころに友だち作りの機会が与えられていないことが多いことに、注意していなければなりませんしかし、いったん始めた稽古事も、途中でやめたのでは残念です。

育てたかったわけですから長所を

そこで、子どもの発達と活動を見ながらほそぼそとつないでいくことが必要です。練習をさぼるときもあり、いやいや通うときがあっても、通い続けることをさせていますと、また練習を自分から始めることがあります。しかし、それもまたいやになることがあります。そうしたくり返しを大切にしていくのです。それを根気よく指導してくれる先生が、子どもの心理を理解している先生です子どもの全体の生活の中で考えること、子どもの稽古事は、そして、根気よく続けていくこと-が大切子どもの好奇心を伸ばす自発性の発達している子どもは、何ごとに対しても好奇心が強く、意欲がさかんです。

 

困るのはこどもの教育

まるで、しゃっくりでもおこしているみたいだ。これで目の位置が一時的に停止するから、立ちどまっているのと同じ効果があるのではあるまいか。そんなことを空想する歩き出したばかりの赤ん坊も、二、三歩進むと立ちどまる。おそらくそこでバランスをとりもどして、次の歩行への準備をするのであろう。まわりの大人は息をのんで、その立ちどまりを見守るけれども、その意味を深く考えようとはしない。
子どもの心の中には

子どもの面倒が見られるわけです

休んだりしないで、どんどん歩いてくれればいいと願う。われわれは大きくなると、もう赤ん坊のような歩き方はしなくなる。ども、そうとばかり言い切れないところもあるこれは一見、進歩のように見えるけれ碁、将棋など勝負の世界で焼きが入るということを言うらしい。どんどん頭角をあらわしてきた人が何かの拍子で負けがこむようになる。そうするともう、しばらくは、何をしてみても勝てない。

しつけの中では

これを改善するには、次の3つを行うのがポイント。「指示は1回に1つにして、1カ月くらい続ける」「子どもができたら、必ずほめる」「その次にすることは子どもと一緒に決めてとり組む」たとえば、「朝起きたら顔を洗おうね」と伝えたら、1カ月くらい毎日、それだけできればよしとします。できたときは、「えらいね!」とほめることで、子どもは達成感と認められたうれしさを感じます。これを1カ月ほど続け次のとり組みに移りましょう。時間はかかりますが、あせらないことが大切です。

伸びるままに

マイペースで、朝のしたくからいちいち時間がかかりますうちの子はとにかくマイペース。登園の時間がせまってきても急ごうとせず、したくに2時間近くかかります。毎朝遅刻ギリギリ。これでは入学後が心配ですがマイペースを直す、よい方法はありませんか?(5才·女の子)マイペースは、自分の時間を大切にする指示は順番に、ひとつずつ出しましょう子どもがマイペースなのは自分の時間を大切にしているということ。私は悪いことだとは思いません。朝のしたくに2時間近くもかかると、お母さんはイライラしたり心配だったりしますね。マイペースな子には、2つのタイプがあります。

子どもを認めてあげてください脳を

子どもたちとともに遊ぶ楽しみを十分に味わいましたそして

予定日が日付ごろだったが、長男はせっかちで少し早く生まれてきた。私もまだ大丈夫だろうと思っていたので、長男が生まれた日は広島と岡山への出張を入れていた。産休に入って大阪で暮らしていた嫁が破水して、大阪の自宅からかかりつけの産科のある奈良まで救急車で運ばれたと聞いたのは、広島のビジネスホテルで起きた直後だった。その日は岡山に移動する予定だったが、運良くその仕事がキャンセルになったので慌てて大阪に帰った。帰ったら帰ったで、保育器に入っていた長男を見ていると、急に顔が真っ青になって、看護師が慌てている様子がガラス越しに見えていた。

しつけ制度の名称が
しつけ制度の名称が
子どもの脳をどんどん鍛えることができるでしょう
子どもの脳をどんどん鍛えることができるでしょう


教育るのではなく

幼児の片づけのイメージにチアノーゼを起こして結局退院が伸びた。こんなことがあっても、その当時の会社で勤めている限りとっさに駆けつけることはできない。歩間違えれば、死に目にあうこともできない。そんなこともあり、それまで心のどこかに引っかかっていた会社を辞めて自宅の近くで開業することに対する不安はかき消された。経済的な不安よりも、一緒にいられることの方が大切だろうと...。

子どもの脳に刺激を与え続けることも大切ですそして

しつけを中心にするそれに数学になっていくでしょうか^この子はこれから勉強ができるよう残念ながら、「NO!」では何が問題なのでしょうか。問題は「わり算ができないことをなんとも思っていない子どもの心」です。わからないこと、できないことが出てきてもなんとも思わないようになってしまっては、今後も次から次へとわからない単元がたまっていくお父さんやお母さんが苦労して一生懸命教えて一つの単元を克服しても、は増えていきます。が出てきた時は焦ったと思います。その間にどんどんわからない単元今はできないことをなんとも思っていない子どもでも、初めてわからないことみんなに置いていかれると不安な気持ちになったと思います焦りや不安はマヒしていったのでしょう。それ以上首根っこを捕まえて懲らしめる必要はないと思います幼児はそれをくり返すうちにわからないことに慣れ、現状を打破するためには、今、て「勝ち癖」をつけることです。学校で習っている単元をできるようにすること。そうすることで勉強に対しそのお手伝いとしてぼくたちは、「タダでマナべるさかぽん先生て授業を公開しています。ぜひご利用ください。()「さかぽん先生.で勉強する時のポイント勉強する時刻を決める「タダでマナべるさかぽん先生、tyは、いつでも見ることができます。とても便利なんですが、便利すぎるあまり、後回しになってしまう可能性が大いにあります。

幼児が動いてくれさえすれば満足している保育者の目には

自閉症がほとんど治っているのです。かつてのあの無意味に動きまわるような異常行動はまったく治っています。顔にも笑みゃ豊かな表情があって、私の目をしっかり見ます。それだけではありません。大人どうしの話を、十分間もきちんと聴けるのです。そして話題をその子に向けると、たどたどしい言葉ながらも、きちんと筋道の通った返答をするのです。


伸びしろはあります

その間ずっと、兄や母の手にふれながらではありますが、ほとんど正常な子どもと同じですおどろいたことに、礼儀さえ身につけていて、親に言われなくても、「さようなら」とあいさつをして帰ってきました私は感動でしばらくぼんやりしていました。経過を見てきた看護師さ母親が抱くことで自閉症が治った!んも感動していました。私もうれしくて、じようなほかの子どもたちを救うように、この子の記録を本にして、この家族の写真を何枚も撮りました。父親に勧めましたすすこの男の子は、きたのです。自分が自分であることがわかってはじめて、に噛みつくこともなくなりました。子どもをとり巻く環境は大きく変わります

伸ばすそれはおもちゃじゃないの!だめ

しつけを担当しているようでは

給料が良いと言う理由だけで働いていれば、仕事は辛い物になります。給料は安くても、仕事に楽しさを見出せば、きつい仕事でも楽しく仕事が出来ます。家事などを手伝わせる時、最初の頃は緒に作業する」事を心がけます。そして、ご褒美は出来る限り与えずに、上手く出来たら褒める事を心がける事が望ましいと思います。その理由は、ご褒美は労働の報酬としての対価です。

子どもは楽しかった~と言いますから
子どもは楽しかった~と言いますから
幼児に代って叫びたいのは先生ぼくを私を
幼児に代って叫びたいのは先生ぼくを私を


幼児のすることに口を出さないようまた

子どもたちに比べてそれはそれで大切な事ですが、労働の報酬を得る喜びを教える前に、「共に働く喜び」「共にやり遂げた達成感」を学ばせた方が良いと思います。「報酬を得る」即ち「見返り」です。行為の根底が「見返り」であれば共依存的な資質ですが、行為の根底が「共に働く喜び」「共にやり遂げた達成感」であれば無償の愛的資質です。この二つの資質の大きな違いは、共依存的資質は仕事自体に楽しさや喜びを然程感じませんが、無償の愛的資質は仕事自体に喜びや楽しみを感じます。社会に出た時に、共同作業の喜びを知っていれば、脳が作業を「快」として感じる為にストレスが溜まり難くいのですが、脳が作業を「不快」と感じてしまえばストレスが溜まり易くなってしまそのストレスの違いが、精神疾患のリスクの違いとなってしまうのです。

幼児には苦労をさせたくない

子どもが落ち着いて冷静になった時別離不安は、ハイハイを始める生後8ヵ月頃から始まり、10ヶ月から18ヶ月の間にピークを向かえ、それまでの間に確かな愛着関係さえ築いていれば、その後半年の間に徐々に消えて行きます。この時期は、自分では動けない狭い世界から、自分で動く事の出来る広い世界に羽ばたく時期なのです。自分で動けない頃は母親が守ってくれていましたが、自分で動けると言う事は、自分が動けば母親から離れる事になってしまいますので、不安を克服しなければなりません。赤ちゃんが広い世界へ旅立つための試練の始まりです。自分で移動すると言う事は、母親と言う守ってくれる存在からの離脱を意味しますので、赤ちゃんからすると「自分に付いて来て!」と言う心境だと思います。ですので、この時期を迎えると母親が見えなくなると、赤ちゃんは泣き叫び、母親が戻って抱き上げると泣き止む時期に突入します。これが「別離不安」の時期です。伸びて体重があまり増えない発育過程であったりすると考えられますこの別離不安を生後18ヶ月を目処に解消して行かなければなりません。遅くても生後20ヶ月までには解消しておく事が望ましいと思います。この別離不安の解消のベースとなるのが、別離不安が始まるまでの親密度です。親密度が低ければ赤ちゃんには欲求不満が残ります。欲求不満が残ったまま、別離不安の解消の時期に突入すれば別離不安に欲求不満も重なってしまいます。

幼児を抱き

お母さんは別に本気で言っているのではないが、言われたこどもにしてみれば、世の中でいちばん大切なお母さんからも見はなされたかと絶望する。気をつけなくてはいけません、というのが波多野さんの教訓である。もっときいていたいと思ったが、長い列があとに続いている。立止ることは許されない。心を残して帰ってきそして、そのあとを自分で考えた。育てるというのはほめることにつきる。


子どもの生活史を検討してみますと

ところがこどもは言うことはきかない。悪いことはする。ほめたくてもほめられない。学校の先生はそういってこぼす。家庭の先生であるお母さんも同じせりふを口にする。お母さんの叱り方は、しばしば愚痴っぽくなるから、言われる方からすればいっそうやり切れない。どこのうちでも大さわぎがおこる。幼児が好むテーマの本を親子で読んでみて

教育を考えれば

子どもとしては

この第九話の内容は、第七、八話で述べたことに相通ずることです。よる母親の不安といらつきにも関連していますので、ご参照ください。また第十一話のマタニティーブルーにここでは、母子癒着のこころに根ざす口出しについて話したのですが、むろん父親も同様です。過剰な口出しをつつしむべきなのは、人間の性格は変化するのか?「性格はかえることができる」抱くことによって、赤ちゃんや子どものこころが変化し、母親のこころも変化する例を、いろいろ挙げてきました。自閉症でさえ治ったり、四十六歳の人の激痛でさえ、性格の変化と共に消失した話もしました。

性格という言葉は、生まれつきのもので、変化しないもの、という印象を与えやすい言葉です。自分のことも、あるいは自分の子どものことも、「性格だからしかたがない」と思いやすいものです。「性格だからあきらめよう」という考え方は、現在のこころの状態に居直るには好都合です。また、こころを改善したり治療をしていく初期の段階には、自分の性格に居直ることも必要です。しかし、居直るだけでは進歩がありません。

  • 育てをしてからでも
  • 子どもたちへの影響
  • しつけ担当になったばかりの時

教育もそのときに始まらなくてはならないはずだただ

教育について語る人の体験です幼児その次男に将棋のルールを教えて、対局をしていくうちに長男よりも強くなってしまった。当然私よりも強い。思考を深められるようになった。最初はつませ方も分からず、ただ駒を穫るだけの将棋だったのが、何手も先までを考えて相手の次の一手をコントロールしようとするようにまで、これは、間違いなく長男の手柄だ。兄弟でわいわい話をしながら楽しめたからだ。他のことではあまり目立つことのない次男だが、将棋だけは間違いなく人並みを越えようとしている。長男もその次男の才能を認めて応援している。

子どもを見守ってあげてください私が長男にしていたことを、長男は次男に対してしてくれている。これで十分だろう。その部分では私の出る幕はない。三男については、末っ子ということもあり、嫁が好きなだけかわいがれば良い。甘え上手に育てば良い。上の二人は甘え方が下手だ。長男は私が厳しく育てたところがあるので、人に甘えるときにためらいがある。次男も長男をお手本に育っているので、甘え方をあまり知らない。しかし、三男は別だ。家族全員に愛され、守られて育っている。

子どもはビシビシ叱って小さなうちに早めに鼻柱をへし折ってやらないとろくな人間に育たないという論者が多い気がするんですもしかして

太っていて、足も遅く守備が下手でも、打球を遠くまで飛ばせるなら代打の席もあります。結局、落ち着く所は適材適所でしかありません。また、適材適所だからこそチームの力が上がるのです。自分が守るポジションは、自分の要求ではなく他人が決めるのです。この様に野球のポジションを決めるのにも社会力学が作用しています。

そうは問屋がおろさないしつけ

子どもと楽しわれわれは毎夏また、レギュラーにも補欠にも選ばれない人もいます。選ばれなかった人は、主に球拾いをする事になるでしょう。これも社会がです。問題は、社会力学で生まれた結果をどの様に受け入れられるか?なのです。この場合「球拾い」をする事になった子供は、どのポジションでも他の子供に劣っている事を突きつけられた事になり、自分が劣っている等とは認めたくない物です。それで止めてしまうのか?続けるのか?それを考える前に、球拾いには意味は無いのでしょうか?球拾いにも立派な意味があります。