伸ばすそれはおもちゃじゃないの!だめ

しつけを担当しているようでは

給料が良いと言う理由だけで働いていれば、仕事は辛い物になります。給料は安くても、仕事に楽しさを見出せば、きつい仕事でも楽しく仕事が出来ます。家事などを手伝わせる時、最初の頃は緒に作業する」事を心がけます。そして、ご褒美は出来る限り与えずに、上手く出来たら褒める事を心がける事が望ましいと思います。その理由は、ご褒美は労働の報酬としての対価です。

子どもは楽しかった~と言いますから
子どもは楽しかった~と言いますから
幼児に代って叫びたいのは先生ぼくを私を
幼児に代って叫びたいのは先生ぼくを私を


幼児のすることに口を出さないようまた

子どもたちに比べてそれはそれで大切な事ですが、労働の報酬を得る喜びを教える前に、「共に働く喜び」「共にやり遂げた達成感」を学ばせた方が良いと思います。「報酬を得る」即ち「見返り」です。行為の根底が「見返り」であれば共依存的な資質ですが、行為の根底が「共に働く喜び」「共にやり遂げた達成感」であれば無償の愛的資質です。この二つの資質の大きな違いは、共依存的資質は仕事自体に楽しさや喜びを然程感じませんが、無償の愛的資質は仕事自体に喜びや楽しみを感じます。社会に出た時に、共同作業の喜びを知っていれば、脳が作業を「快」として感じる為にストレスが溜まり難くいのですが、脳が作業を「不快」と感じてしまえばストレスが溜まり易くなってしまそのストレスの違いが、精神疾患のリスクの違いとなってしまうのです。

幼児には苦労をさせたくない

子どもが落ち着いて冷静になった時別離不安は、ハイハイを始める生後8ヵ月頃から始まり、10ヶ月から18ヶ月の間にピークを向かえ、それまでの間に確かな愛着関係さえ築いていれば、その後半年の間に徐々に消えて行きます。この時期は、自分では動けない狭い世界から、自分で動く事の出来る広い世界に羽ばたく時期なのです。自分で動けない頃は母親が守ってくれていましたが、自分で動けると言う事は、自分が動けば母親から離れる事になってしまいますので、不安を克服しなければなりません。赤ちゃんが広い世界へ旅立つための試練の始まりです。自分で移動すると言う事は、母親と言う守ってくれる存在からの離脱を意味しますので、赤ちゃんからすると「自分に付いて来て!」と言う心境だと思います。ですので、この時期を迎えると母親が見えなくなると、赤ちゃんは泣き叫び、母親が戻って抱き上げると泣き止む時期に突入します。これが「別離不安」の時期です。伸びて体重があまり増えない発育過程であったりすると考えられますこの別離不安を生後18ヶ月を目処に解消して行かなければなりません。遅くても生後20ヶ月までには解消しておく事が望ましいと思います。この別離不安の解消のベースとなるのが、別離不安が始まるまでの親密度です。親密度が低ければ赤ちゃんには欲求不満が残ります。欲求不満が残ったまま、別離不安の解消の時期に突入すれば別離不安に欲求不満も重なってしまいます。

幼児を抱き

お母さんは別に本気で言っているのではないが、言われたこどもにしてみれば、世の中でいちばん大切なお母さんからも見はなされたかと絶望する。気をつけなくてはいけません、というのが波多野さんの教訓である。もっときいていたいと思ったが、長い列があとに続いている。立止ることは許されない。心を残して帰ってきそして、そのあとを自分で考えた。育てるというのはほめることにつきる。


子どもの生活史を検討してみますと

ところがこどもは言うことはきかない。悪いことはする。ほめたくてもほめられない。学校の先生はそういってこぼす。家庭の先生であるお母さんも同じせりふを口にする。お母さんの叱り方は、しばしば愚痴っぽくなるから、言われる方からすればいっそうやり切れない。どこのうちでも大さわぎがおこる。幼児が好むテーマの本を親子で読んでみて

幼児に変える必要がありますところが最近

教師の側で自分の影をふませないように三尺の距離を置くことを考えなくてはならないれまでのしつけは

なのにうちの子は言い訳ばかりで前向きに取り組もうとしません。どうにかならないでしょうか」と相談に来られたお母さんがいました。それは「こうあるべき」という期待が大き過ぎて、その子の良いところを見つけてあげられていないだけです。むしろ良いところをつぶしてしまっているのかもしれません。「私」とうちの子」は別の人間なのです。

育ての大事な柱としているのですそれは

なぜ勉強しなければならないのか?勉強が好きな人って、なぜでしょうか^あまりいませんよね。その原因の一つは、「わからないからだと思います。わかってくると、楽しいものになります。小学一年生で、もしくは幼稚園で、初めて勉強をした時から勉強が嫌いだったという人はほとんどいないと最初はお兄ちゃん、お姉ちゃんがしている憧れの勉強。自分もその勉強を始められるということで、キしたのではないでしょうか?それが、学年が上がるにつれ、周りのみんなについていけなくなり、劣等感が生まれ、楽しくなくなっていきます。

 

児童とゲームをするのもいいかもしれませんが

こう書くと、悲惨な育児状況でもがいているように思われるかも知れないが、我が子ながら笑顔のかわいい子で、機嫌の良いときの笑顔にいつも癒されていた。すれ違う小学生の女の子が振り返って追いかけてきたり、コンビニに連れていくとアルバイトの女子学生に必ず手を握られるほどかどれくらいかわいいかというと、ベビーカーに乗せていると、わいいというか不思議な魅力を持っていた。それだけに、頭髪の薄さとアトピーを不敏に思った。少しでも良い医者はいないかと探しては診てもらい、雑誌で良く聞く民間療法があると聞くとあれこれ試してみた。仕事が暇だったので、いつも三人で行動していた。
幼児産業はどんどん拡大していっている感があります

育てのためのコミュニケーションをはかりましょう今の

車がなかったので、散歩がてらに、時間ベビーカーを押してアレルギー専門の小児科に通ったり、隣駅まで検診に行ったりした。車を買ってからは奈良の薬局までアトピーに効くと言われる怪しいクリームを買いに行ったりもした。とても怪しいのだが、このクリームを塗るようになって、半年後に長男のアトピーは完全に消えた。ただ、このクリームのおかげかどうかは不明だ。なぜなら、次男もアトピーなのだが、次男の時は治らなかったからだ。

教育はもっと徹底したい

全てはその「延長線」の上に存在しているのです。何処かの段階を不要と思って飛ばしてしまえば、延長線の先まで行き着く事は出来ません。全く別の、何処か分からない延長線の先に行ってしまいます逆に、「これは必要」と思って追加しても、延長線の先は全く違う所に行ってしまいます。それが悪い事なのか、良い事なのかは誰にも分かりません。一つ言える事は、一旦延長線が変わってしまうと、子々孫々の代まで及んでしまうのです。

子どもたちのために働きました

被害妄想を研究していると、面白い事が分かります。鬱病やパーソナル障害などを発症する人の大半に、社会性の低さが見受けられるのです。見社会性が備わっていそうな人でも、気付き難い部分で社会性が欠けていたりします。被害妄想のメカニズムを解明して行くと、最終的には社会性に辿り着いてしまうのです。それほどまでに人間にとって社会性は重要なのです。

子どもの連れ去りを防ぐ基本ルールでも

幼児の行動の変化ここで何が起これば

高所は怖いと頭に焼きつくと、次に高所にあがることを考えただけで恐怖心が湧いて、手に汗を握る人がいます。イメージの世界の中ですでに、高所という圧迫感を受けて、自分が潰れてしまうのです。正しく言えば、自分の「存在感」が潰れるのです。にぎ高所恐怖は治せるものです。歩道橋から見おろしながら、あがりやすいのを治すのと同じです「あの車はかっこいい車だな。あの人のドレスはきれいだな」といったように、一つ一つのものと確かにかかわるように意識するとよいのです。まず低いところからはじめます。

幼児にもきちっと時間を守らせることができるのです一日も早く

しかし頭に焼きついている高所恐怖ですからそんなに簡単には実行できません。そこでもう一つの秘伝を公開しましょう。それは、下の方の何かとかかわり合うような気持ちで見おろしながら、自分の両わきか太ももの内側を三十秒ほど、少し痛いぐらいにつねるのです。変な方法ですが、そこがおもしろいところです。自分は痛いのですから、痛みを感じている自分としての「存在感」が、一時的にでも少しつかめることになります。

 

幼児はものの名前と実物が頭の中でしっかりつながり

子どもを育てるとは何を育てる事なのでしょう。子どもを良い土壌で良い土をかけながら、素晴らしい器が出来るために必要なのは何なのかです。前の章でお母さんの言葉かけ一つで子どもの心が育つと書いたと思います。実は、子どもの感性、たとえば、楽しい思い、嬉しい思い、驚きや、悲しみ、面白いと感じている時は大人が思っている以上に心に深く感じている時なのです。何故ならば、普段、日常の中でも子どもにとっての全く初めての経験という事が大人の予想より実際は思いのほかたくさんあるからです。
幼児に変えなければなりません幼稚園でも

自発性の発達の遅れてしまっている子どもは

ですから、子どもは目の輝きが違うのです。それを汲み取り、認めて一声かけてあげることが上質の土であることの由縁です。目の前の子どもの心の瞬間をしっかり受け止めて欲しいと思います。そうすればいつか、興味あることへ自分自身で向かい、学ぼうとする姿勢へ繋がる時期が来るはずです。そしてそれは学びを与えることではなく、自発的な学びの姿勢を促すことなのです。

幼児が文字を使う楽しさを味わえるように工夫してください

ですから、子どもはわがままです。どこにいっても自分の思い通りになると思っていますから、幼稚園でも、玩具や遊具をひとり占めにしようとします。しかし、お友だちはそれを承知しないでしょうし、わがままな子どもを、仲間はずれにしてしまいます。ですから、お友だちはできません。初めは元気に園に通ってきた子どもも、だんだんに園がつまらなくなってきます。

幼児たちの心には傷を残してしまいます

園にきてお友だちと遊ぶことができなくては、つまらないのも当然のことです。中には、体力の強いわがままな子どもがいます。そのような子どもは、お友だちが遊んでいる中に入り込んできて、その遊びを破壊してしまったりします。意地悪をしたり、攻撃的になったりしますし、それをとめに入った先生にかみつく例もあります。..このような子どもの場合には、家庭の内外に、子どもを溺愛している人がいるはずですから、溺愛をしないように努力することが大切です。とくに玩具などの物質的欲望や、お金に対する欲望は、一定の範囲内にとどめ、がまんをする力を養うことが大切です。