長期化が予想される離婚訴訟

7月 8th, 2011 by Wilson Cham2012-03-27

夫婦の離婚には、弁護士を立てての離婚協議に始まります。双方が離婚協議に合意が得られれば、手続きを経た後に離婚が成立します。一般的には離婚協議のみで離婚の成立に至る夫婦がほとんどですが、離婚協議で合意が得られなければ、次の段階である離婚調停に入ります。離婚調停は、家庭裁判所へ申し立てられ、調停委員が調停を行います。離婚協議の際に依頼した弁護士に離婚調停の弁護人となって調停を進めてもらうことも可能です。ただ、離婚調停でも合意に至ることが困難と判断した場合は、離婚訴訟に突入します。離婚訴訟は、夫婦のどちらかが家庭裁判所へ離婚の訴えを起こした時点で開始されます。離婚訴訟に突入した場合は、裁判の長期化が予想される場合があるので、離婚訴訟に強い弁護士を雇う方が得策です。裁判では、今までの協議や調停の過程で双方が合意に至らなかった部分を重点的に争うことになります。その際、何らかの問題がある場合は、裁判に影響してきます。たとえば、夫婦のどちらかが不貞行為やドメスティックバイオレンスを行ったことがあるという事実がある場合、裁判の結果に大きく影響します。離婚訴訟では、親権や慰謝料の金額、また、財産分与が主な争点となります。その際に、不貞行為やドメスティックバイオレンス、また、家事や育児の放棄といった事実があれば、裁判結果が不利な状況になる可能性が高まります。離婚裁判では、納得のいく結果となるために、粘り強く戦ってくれる弁護士に依頼しましょう。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans